医療

症状がないこともあります

定期検診を受けましょう

落ち込み

子宮筋腫とは子宮の内側や、子宮の筋肉の中、子宮の外側にできる良性の腫瘍のことです。できる場所によって、粘膜下筋腫、筋層内筋腫、漿膜下筋腫に分けられます。子宮筋腫ができることによって生じる症状としては、月経の量が多くなったり、生理痛がひどくなったりすることが挙げられます。できる場所によって、腰痛や、頻尿などの症状がでる場合もあります。同じ子宮筋腫であっても、子宮の外にできたものの場合は、症状が現れないことも多いので、気づきにくいこともあります。また、できる箇所によっては、妊娠しづらくなったり、流産しやすくなるとリスクもあります。妊娠、出産を考えている方は特に注意が必要です。定期的に検査を受けることが重要です。

検査や治療方など

婦人科を受診することで、検査が受けられます。一般的には超音波で子宮筋腫を見つけることができます。小さかったり、症状がない場合は特に治療はせず、経過を見るだけの場合もあります。必要に応じて、外科的な手術で子宮筋腫を取り除いたり、薬で治療したりしますが、治療の内容には個人差があります。できた場所や、症状、年齢、出産などの兼ね合いで、治療法は異なります。子宮筋腫は卵巣から分泌される女性ホルモンの影響を受けていますので、閉経すると縮小します。反対に妊娠中には女性ホルモンの影響で大きくなります。妊娠中に子宮筋腫が見つかる場合も多く、筋腫があっても無事に出産されている方も多いです。ですが、流産のリスクも高いので、事前に分かっている場合は、医師と相談しましょう。

女性と妊娠について

先生

不妊は体の冷えが大きく関係していることがあります。京都には不妊漢方を実施する婦人科クリニックがあり、医師自らが知識を持って治療に当たっているのが特徴です。漢方薬のみならず食事についてのアドバイスが得られる点も魅力となっています。

詳細を確認する...

妊娠をするための方法

女性

体外受精とは自然な方法での妊娠が難しい場合等に、人の力を借りて行なわれる妊娠方法の一種になります。簡単に言うと卵子と精子を体外で受精させて、数日に渡って育てた後で子宮に入れて妊娠をさせるという方法です。

詳細を確認する...

妊娠は夫婦の共同作業

ウォーキング

男性不妊は女性不妊よりもまだまだ周囲の理解が低く、男性自身においてもその現実を受け止めるのはなかなか難しいです。ですが妊活は一人で行うものではなく夫婦で取り組むことなので、当然ですが不妊治療中は夫婦で支え合うことが大切です。

詳細を確認する...